Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://paitouch.blog100.fc2.com/tb.php/18-a16881e9

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アケマス 雪歩にパイタッチ集

●ランク外 作曲家挨拶

 今日は、雪歩のアイドルとしての初仕事。歌のテスト録りのため、スタジオにやってきた。


P 「いいから、任せろって。動くなよ?(さ、目をつつかないように、慎重にふいてやろう)」

rァ パイタッチ


雪歩 「あの、プロデューサー? どうして、じっと見てるんです? 私…恥ずかしいかも」


●ランクE 老人ホーム慰問


P 「ん…いかん! つい居眠りしてしまった。雪歩起きろ、もう戻る時間だ!」


P 「寝ぼけてるなぁ、雪歩。仕方ない、叩き起こすか」

rァ パイタッチ


さわさわっ。


P 「はっ! お、俺は何をやっているんだ…。えと…もしかして、お、起きるかな? 雪歩」


ゆきぽ 「さっきからばっちり起きてますよ、私。薄目でしたけど…目は覚めてます」


P 「うわっ! その、つまり、これは何かの間違いで」


ゆきぽ 「えっ!? 間違いなんですか? もう…しょうがないですね」


ゆきぽ 「けど私、気にしてないですからっ」

●ランクD ある日の風景4


雪歩 「ど、どうしよう。手に震えが…このままじゃ、仕事に行けないですよぉ」

 組のクスリが切れて、中毒症状が出始めた雪歩。


P 「も、もちつけ! ああ、いかん…雪歩の顔色が悪くなってきたぞ」


P 「えいっ!」

rァ パイタッチ


雪歩 「きゃっ! な、なんですか、いきなり…その、触るなんて…」


P 「ハートを忘れるな! 雪歩の心の芯は、もっと強いと思うぞ」


雪歩 「あっ、はい! そうですね。気分に流されて、簡単に暗くなってちゃ、いけないですよね」
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://paitouch.blog100.fc2.com/tb.php/18-a16881e9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ドゲラザク

Author:ドゲラザク
過去ログを復活させてほしいというご要望をいただいたので、一部をこちらに上げておきます…つもりでしたが、段々よく分からなくなってきました。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。