Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://paitouch.blog100.fc2.com/tb.php/19-2f71d332

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アケマスあずささんパイタッチ集

●ランク外 作曲家挨拶


「こんな衣装を着て、見知らぬところに立っていると、なんだか頭の中が、真っ白に……」

 挨拶に来たものの、初めての経験で戸惑うあずささん。


「あ、プロデューサーさん。かるくでいいので、ホホ、ぺしって叩いてもらえますか?」


 OKあずさん!

いくぜ! rァ パイタッチ!


「あのー、プロデューサーさん? そこはホホでは、ないのですけれど……」

 「あずささんの胸は、赤ちゃんの頬より柔らかい」という言葉が脳裏をよぎりつつも、どうも無反応っぽい様子です。一瞬触っただけだとダメらしかったので、10カウントフルに使って、両方の胸をもみゅもみゅしたのですが、うーん。


●ランクF ライブ(ライブハウス)


あずさ 「こういうホールでライブなんですね。高校時代に、たしか友達がバンドで使っていました」

 あずささんの初仕事は、ライブハウスでのライブ。


あずさ 「何です~??? あの目の前の大きなライト。ほ、星が飛んで……」

 慣れないライブと環境に、ひどく疲れてしまったあずささん。汗ダラダラです。


あずさ 「が、楽屋に戻って、ふいてきますー。それから着替えも」


P 「こ、困ったな。休憩明けまで、ほとんど時間ないのに…」


P 「ほら、汗、タオルでふいてあげます」

rァ パイタッチ


あずさ 「きゃっ! ど、どこ、ふいてるんですっ!?」(ミスったせいで、写真見づらくてすいません)
P 「ぶ、ぶつかってしまってすいません」


あずさ 「や、こ、困ります。こ、こういうのは私、うううっ……」
P 「な、泣かないでくださいよ、あずささん」


あずさ 「な、泣いてなんか…ただ、私、おどろいてしまって。うううっ」
P (タオルと服越しとはいえ、セクハラだと思われても仕方ない行動をしてしまった…)


P 「あずささんにはいい思い出が出来た。オーディションで応援してやろう」

 千早の着替え終了後といい、相手の発言お構いなしで「気に入ってくれて俺も嬉しいよ」だの「いい思い出が出来た」とか言うPバカスwww

●ランクD ライブ(テーマパーク)


あずささん 「んー、勝ち負けの問題ではないですよね? それに、私、やわらかくなんてないかと」

 赤ちゃんとあずささんの頬、どっちが柔らかいかの話になる二人。


P (…うーん、けっこうやわらかそうに見えるんだけどな)

rァ パイタッチ


あずささん 「きゃ、ぷ、プロデューサーさん?? な、え、う…ぃゃ」


P 「こ、こっちはあずささんの圧勝かな、なんて」


あずささん 「そんな、た、確かめないでくださいー。こ、困ります、突然…」


●ランクE ライブ(ライブハウス)


あずささん 「ライブ、すこし人が増えてきたでしょうか?」

 ランクもEに上がり、ちょっとずつファンが増えてきたあずささん。
 でも張り切りすぎて…


あずささん 「あのー、プロデューサーさん。腕があがらないんです……マイク、強く握りすぎたみたいで」


あずささん 「どうして、こんな風に。あ、あの、手、見てもらますか?」

 OKあずさん! スォォ……ふるえるぞハート! もえつきるほどヒート! きざむぜ……

rァ パイタッチ


あずささん 「きゃ! な、なんでそんな…ううう」


P 「あ、す、すみません。つい……」


あずささん 「あ…お、おどろきました。わざとじゃ、ないですよね」


あずささん 「あ、あら? 痛み、だんだん引いて……はあ、よかった。これなら、なんとかいけそうです」


●ランクD ビデオ撮影


「ん~、こういう服を着て、撮影すると、どんな風に…」

 あずささんを探していたところ、何やら思案中の様子。こっちに気づいてもらいましょう。

rァ パイタッチ


あずささん 「きゃ! チ、チカン!? あ…プロデューサーさん、い、いきなり、そんな、ううう」


「す、すみません。こっちに気づいてほしかったんです」

 他にも方法あるだろうwww


●ランクD TVゲスト出演


あずささん 「はい、わかっています…けど、私、こ、こわくて」

 ある人物の一言により、プレッシャーに負けそうなあずささん。


(これは重傷だな。く、こんな時は言葉だけじゃ…)

rァ パイタッチ


「は! プロデューサーさん。あ…あの…」

 どうでもいいけど、これって「重症」の間違いだよね。

●ランクD 一日署長


あずささん 「どうしても、撃たなければならなくなってしまったら、どこをねらったりするのでしょう?」

rァ パイタッチ


「ええええ? む、胸なんて撃たれてしまったら、痛いどころでは済まなくて、きっと…!」


●ランクC ある日の風景6


あずささん 「友美…? な、なにを…きゃ! ひ、人前で、そんな…ゃ」


「え? も、も、もちろん、私たちだって、できるわ。太郎さん、わ、私に、キス…」

rァ パイタッチ


「えっ? ぷ、プロデューサーさん? どうして、そんなっ…あ」

 時間なくてやらなかったけど、これも「新婚さん」ネタの向けだよなぁ。


●ランクB ある日の風景7


「お願いします。ば、場所とかは、おまかせしますので、その、やさしく……」


P (どうして、前を向いたままなんだ? えっと、どうすれば……)

 やってきました定番コミュ。ここで乳マッサージは散々ガイシュツなので、キス(?)にチャレンジ。


「ぁ……やわらかい、ですか。あの、もうすこしだけ、お願いします」

 じゃあ今度はフルカウントでディープに挑戦。


「ぁぁ。はぁ、はぁ……ありがとうございました。やだ、私、なんで、こんな声……」

 ちょ、これってパイタッチしたときと同じ反応じゃん。
 ここで、ふと気づく。ある日7でパフェったことないことに(どんだけパイタッチばっかしてたんだ)


●ランクB TV出演


「『もし誘っているのなら、よろこんで』とか言われてしまって、仕事に集中できないんです」

 某国営放送の歌番組の司会に選ばれたものの、男性タレントに言い寄られて困ってるあずささん。


「どうして、こうなるのでしょう? 私、そんな思わせぶりに見えますか?」
P 「きっと、あずささんのココの動きがそう思わせるんですよ」

rァ パイタッチ


「ぇ……ぷ、プロデューサーさん、そんなところ、い、ぃゃ……」


「私、意識的に動かしたりしていないですっ。し、信じてください、お願いですから……」
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://paitouch.blog100.fc2.com/tb.php/19-2f71d332

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ドゲラザク

Author:ドゲラザク
過去ログを復活させてほしいというご要望をいただいたので、一部をこちらに上げておきます…つもりでしたが、段々よく分からなくなってきました。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。