Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://paitouch.blog100.fc2.com/tb.php/25-205474db

-件のトラックバック

-件のコメント

[C65] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C95] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

湾岸マキシ3原作ガイド 【悪魔のZ復活 前編】

 湾岸マキシ3のストーリーモードをプレーしているだけでは、ゲームの性質上、原作の雰囲気がいまいち伝わらないので、原作ガイドを作ってみました。
 もし興味を持ってくださったら、是非とも単行本も読んでみていただければと思います。

●第1話…出会い

 高校3年生の朝倉アキオとマーは、Z31でナンパ三昧の毎日。



 この日も適当なことを言いながら女の子とデートをしていた。



 そんなとき一台の車が勢いよくZを抜いていく。



 「湾岸の黒い怪鳥・ブラックバード」の異名を持つポルシェだった。



 なんとか追いつくアキオだったが──



 格の違いを見せつけるように、ブラックバードは猛烈な加速でZを置き去りにするのであった…





 アッサリ負けたことにショックを隠せないアキオだが、それもそのはず、アキオのZ31とブラックバードのポルシェでは車格が違う上、湾岸を走りこむ経験値もケタ違いだった。


 そんなアキオに、解体屋にいいパーツがあればつけてやると励ますコウちゃん(マーの兄)




 その解体屋で、廃車寸前のS30型のZ(アキオの乗るZ31の一つ前の型)を見つける。


 だがしかし、ここにS30を持ち込んだ前オーナーは、この車を必ずスクラップにしてくれと言っているという。




 全く意に介さないアキオ。



 テストランがてら、湾岸へ向かう二人。

●第2話…S30Z

 魅入られたようにZで湾岸を走りこむアキオ。
 連日現れるその姿は、やがて地元の走り屋たちの間で噂になる。
 それはアキオ自身の噂ではなく、彼が駆る「Z」の話題だった。



 Zの最初のオーナーは「朝倉アキオ」
 偶然にも全くの同姓同名の人物が乗っていたZだった。
 2年前、湾岸線で事故を起こし死亡した人物は、同時にブラックバードの親友でもあった。
 比較的軽傷だったZは修復されるが、オーナーが変わる度に事故を重ねていき「悪魔のZ」と呼ばれるようになる。
 Zの正体を確かめるため、バトルを挑むブラックバード。



 アキオを裏切り、またしてもZは事故を起こす。



 それでもなおZにこだわるが、コウちゃんに断られたため、バイトを増やして金を稼ぎ、徹夜でZを直すアキオ。
 そんなアキオの元に、前オーナー朝倉アキオの妹、えりこが訪れる。
 どうしてZじゃないとダメなのか涙ながらに問いかけるえりこ。



 更に「湾岸の黒い怪鳥といわれたお前を、悪魔のZが叩き落としてやる」とリベンジを宣言する。



 修理が済んだZと共に、再びブラックバードへ挑むアキオ。
 そして、前回と同じシチュエーションに。



 今度は自らのドライブミスによる事故るアキオ。
 しかし、Zが自分を裏切らなかったことに大きな満足感を覚え、再度湾岸へ戻ってくることを誓うアキオであった。

●第3話…零奈

 売れっ子モデルの秋川レイナ。一見順風満帆に見える彼女だが、心はいつも満たされず、深夜の首都高をGT-Rで駆けることで心の隙間を埋めようとしていた。
 そんな中、悪魔のZとブラックバードに遭遇する。



 二人を抑えて走るレイナだが──



 気持ちが焦りすぎ集中が乱れ、外壁に激しく衝突してしまう。



 レイナもまた、悪魔のZとアキオに魅せられてしまっていた。

●第4話…教師の範囲

 バイトに明け暮れるアキオは、出席日数が足りないため高校を留年してしまうが、それでも相変わらずバイト三昧の日々。
 そんなアキオを心配し、バイト先のディスコへ新担任の嶋田るみがやって来る。
 アキオが夢中になっている理由を知るため、悪魔のZに同乗するが、るみには何故アキオがこれほどまでにZにのめり込むか理解できない。
 無理やりZのキーを取り上げようとするが──



●第5話…悪魔のZ



 悪魔のZとの決着をつけるため、チューナーの意見を無視したブーストアップ仕様で現れたブラックバード。



 走りながら、脳裏に2年前の事故がよぎる。



 事故とZ、二つを振り切るようにブーストを上げるブラックバード。



 だが、それ以上の加速で追い上げるZ。

 まるで命を削るようにお前は走る──なぜだ!?
 アクセルから足が離れない。まるで巨大な力に押さえつけられたように…
 お前は走ろうとする
 もっと速く
 もっと速くと──





 そしてブラックバードのポルシェに異変が──



 やはり過剰なブーストには無理がありエンジンブロー。
 遂にZの前に敗北する。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://paitouch.blog100.fc2.com/tb.php/25-205474db

0件のトラックバック

2件のコメント

[C65] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C95] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ドゲラザク

Author:ドゲラザク
過去ログを復活させてほしいというご要望をいただいたので、一部をこちらに上げておきます…つもりでしたが、段々よく分からなくなってきました。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。